北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム

お酒を飲まないと眠れない、飲みすぎを注意されるようになってきた、仕事があるのに深酒してしまう

一覧

 
HOME > 開催一覧 > 第13回 研究会開催概要
第13回 北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム開催概要

体験発表4題
日 時 : 2020年10月17日(土) 14:00〜16:30
主 催 : 北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム
会 場 : 誌面開催
後 援 : 北海道、札幌市、北海道学校保健会、札幌市学校保健会、
北海道医師会、札幌市医師会、北海道断酒連合会、札幌連合断酒会、
特定非営利活動法人ASK、北海道内観療法懇話会、日本臨床内観療法研究会、
北海道いじめ・暴力・ひきこもり研究会、
アマリリスの会(摂食障害からの回復を目指す会)
参加費 : 500円(高校生以下無料)
アルコール・薬物依存症に関する知識の一般市民への普及。それにより発症予防、早期治療を実現します。お酒などで悩んでいる方、そのご家族、医療関係者、医療学生などどなたでもお気軽にご参加できます。
プログラム
研究発表 (1) 「認知機能の低下を伴う高齢アルコール依存症患者への関わり」
三上 理香(自活力回復棟 看護師)
(2) 「2年間のデイケア通所を経て一般就労が可能となったアルコール依存症患者の事例」
篠田 真弓(1階デイナイトケア 心理士)
(3) 「アルコール依存症に認められる併存精神障害の検討」
脇坂 友也(作業療法・音楽療法課 作業療法士)
(4) 「アルコール依存症患者の退院支援における意思決定プロセス」
渡辺 恵美(リワーク地域連携棟 准看護師)
(5) 「アカンプロサート併用療法の断酒割合への関連」
河村 論(薬局 薬剤師)
回復体験発表 (1) 『回復』
A氏 60代男性(アルコール依存)
(2) 『依存症と共に』
B氏 30代男性(病的賭博)
(3) 『競馬と生きた人生』
C氏 30代男性(病的賭博)
(4) 『出会いと気づき』
D氏 60代女性(AAメンバー)