北海道アルコール症・予防・早期発見・解決市民フォーラム

お酒を飲まないと眠れない、飲みすぎを注意されるようになってきた、仕事があるのに深酒してしまう

北海道アルコール症・予防・早期発見解決市民フォーラム会長挨拶

ご挨拶

アルコール依存症の早期発見と予防に関心を・・・



アルコールは依存性の強い薬物です。依存は徐々に形成されるので多くの人はその恐ろしさに気づきません。毎日晩酌している方の中にも実はアルコールに依存している人がいるといえるのです。
アルコール依存症の症状は、

1、病的な飲酒欲求 
2、離脱症状(不安、いらいら、動悸、手の震え、重症では幻覚や妄想)
3、飲酒をコントロール出来ない(酔いつぶれるまで飲む、仕事があっても深酒する、朝から飲む、飲むと人が変わる)
4、飲酒による不利益(体調不良、家庭不和、遅刻欠勤)があるのに飲酒をやめない

などです。
肝障害、糖尿病、膵(すい)炎、高血圧、貧血、などをよく併発します。内科ではアルコール依存症を見逃されていることが多く、断酒しなければ回復しません。
アルコール依存症が飲酒を続けると、家庭を壊し、仕事や社会的地位、身体的健康を失い、死に至りかねません。本人や家族がうつ状態や依存症、不登校などの精神的問題が生じることにもなります。これらの多くのものを失う前に治療を始めることが大切です。
治療は専門施設に通院、入院するのが一般的です、アルコール依存症に対する知識を学習し、退院後は断酒会や自助グループ(AAなど)に参加することが有効です。アルコール依存症はなかなか自分の意思だけでは飲酒を抑えられない病気です。断酒、断酒会参加を決意することが解決への近道です。アルコール依存症から回復することは、酒を飲まず周囲に感謝して楽しく生活できるようになるということです。
お酒でお悩みの方は専門科に相談されることをお勧めします。